【サッカー】<平成9年の松木安太郎氏に驚きの声!>「めちゃくちゃ冷静」「普通に解説してるから分からなかった」

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1 名前:Egg ★:2019/04/30(火) 20:11:12.20 ID:CXzcP9mp9.net

サッカー日本代表が初のワールドカップ(W杯)出場を決めた“ジョホールバルの歓喜”W杯フランス大会アジア最終予選・日本―イラン戦が30日、NHK―BS1で「もう一度見たい!平成のスポーツ中継」として放送された。
この試合の解説は松木安太郎氏(61)が務めたが、現在とは違う解説スタイルがネット上で話題となっている。

1997年(平成9)11月16日、中立地マレーシアのジョホールバルで行われた日本サッカーの歴史が動いた一戦。
日本時間午後10時にキックオフされた試合は、フジテレビのほかNHK―BS1でも中継され、同局では山本浩アナウンサーが実況、解説は松木氏が担当した。

現在では、サポーターや視聴者の思いを代弁する感情豊かな応援解説で知られ、「ふざけたロスタイム」「なんなんすか、これ」など“松木節”を生み出している同氏。
しかし39歳だった当時の解説を聞くといたって冷静。前半39分にFW中山雅史が先制ゴールを決めると、「よし!いいですよ~。いいゴールでしたね」とやや控えめに喜び。
1点を追う後半31分、途中出場のFW城彰二のヘディングゴールで試合を振り出しに戻すと「よし!!いいヘディングですよ。いいゴールでしたね」。絶叫することもなく、テンションは落ち着いていた。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

試合は2―2でゴールデンゴール・・・
 
続きを読む >>

サッカー情報まとめ
マンU、ポルトガル代表ブルーノ・フェルナンデス獲得合意か?英スカイスポーツなど報…

マンU、ポルトガル代表MFフェルナンデス獲得合意か 移籍金は最大96億円と英報道https://he …

サッカー情報まとめ
【画像】アジアNo1ソンフンミンさん無名のJAPに公開処刑されてしまう……

1: 風吹けば名無し 2020/01/11(土) 18:14:38.81 ID:ObAkim8Pr …

サッカー情報まとめ
【湘南】「新スポンサー様の時間だああああ」「アマダか!でかい会社だね!」…

2020オフィシャルクラブパートナーとして新たに「株式会社アマダホールディングス」様にご支援いただく …