【最強】リーガとプレミア、どちらが最強か 圧倒的な結果とリーグとしての成熟度

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1: 数の子 ★ 2019/01/12(土) 17:01:54.75 ID:YEnW/VB19 レアル・マドリーとバルセロナはクラブワールドカップでも過去10年のうち7度、14年以降は5季連続でタイトルを独占している。

 この2クラブに加え、過去5シーズンのうち2度(14年と16年)の欧州チャンピオンズリーグ決勝にはアトレティコ・マドリーも勝ち上がり、レアル・マドリーとのダービーを実現している。過去10年のヨーロッパリーグを振り返れば、セビージャとアトレティコが3度ずつの優勝を果たしている。

 これらの結果を見る限り、近年クラブレベルのフットボールシーンはほぼ常にスペイン勢が独占してきたと言えるだろう。

 しかし、ラ・リーガはこうした結果が物語る通りの世界最強リーグだと言えるのだろうか。これは長らく議論されてきたテーマであり、プレミアリーグの優位性を主張する人も多いはずだ。
 

先述の通り、スペインのクラブはヨーロッパのコンペティションにおいて他の追随を許さぬ圧倒的な結果を手にしてきた。だが、ラ・リーガは組織としての運営力、各スタジアムのインフラ整備、テレビ放映権収入の規模やその分配方法といった多くの要素で、プレミアリーグのレベルに追いつくことができていない。

 レアル・マドリーとバルセロナの2大クラブがプレミアリーグの上位6チームを上回る収益を上げても、プレミアリーグがよ・・・
 
続きを読む >>

サッカー情報まとめ
「何しに帰ってきたんや2019」「まじでフロントはコネがないんだな」…

244 :2019/06/17(月) 05:04:03.17 G大阪 井手口に正式オファー!違約金を …

サッカー情報まとめ
【悲報】反日韓国人サッカー選手として一世を風靡したキ・ソンヨンさん 夫婦で日本旅…

1:番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です : 2019/06/17 …

サッカー情報まとめ
【サッカー】<法政大学>FW上田綺世だけじゃない!201cm大物GK中野小次郎(…

1 名前:Egg ★:2019/06/17(月) 14:37:46.71 ID:B6A40Nc89. …