外国人「日本代表大好き」三笘薫と田中碧、芝の上で熱い抱擁!幼なじみ2人に海外のファンが興味津々!【海外の反応】

サッカー情報まとめ
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

日本代表は現地時間12月1日、カタール・ワールドカップ(W杯)のグループ最終戦でスペイン代表と対戦し、2-1と逆転勝利。これにより、グループ首位突破で決勝トーナメントへの進出を決めた。MF三笘薫のアシストからMF田中碧が決勝弾を奪ったが、海外メディアは両者の関係についてスポットライトを当てている。

 日本はスペインに勝利した場合は無条件でグループリーグ突破、引き分けの場合は同時刻に開催しているドイツとコスタリカの試合結果次第という状況で最終戦を迎えた。しかし試合開始早々の前半11分、DFセサル・アスピリクエタのクロスに合わせたFWアルバロ・モラタのヘディング弾で先制点を許す厳しいスタートとなる。

 しかし、後半頭からMF堂安律、三笘を投入すると、日本が世界を驚かす反撃を見せる。後半3分、ボールを保持したGKウナイ・シモンに対してFW前田大然がハイプレスを掛けると、相手の中途半端なクリアをMF伊東純也が競り合ってルーズボールとなったところを堂安が拾い、ペナルティーエリア手前から左足を一閃。ゴール右に突き刺して同点弾を奪った。

 そして直後の後半6分、右サイドから堂安がグラウンダーのボールを放り込むと、ファーサイドに走り込んだ三笘が折り返し、MF田中が詰めてネットを揺らす。最初はゴールラインを割ったと判定されたものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の確認の結果、ゴールライン上に残っていたと判定され、得点が認められて逆転に成功。最終的に、これが決勝弾となった。

 三笘と田中の“元川崎フロンターレコンビ”で生み出・・・
 
続きを読む >>

サッカー情報まとめ
守田英正、絶妙クロスで同点弾アシスト!スポルティングは3-3ドローで連勝は8でス…

【サッカー】MF守田英正が貴重な同点弾をアシスト…スポルティング、ドローに持ち込むも連勝は8でストッ …

サッカー情報まとめ
【悲報】岡崎慎司さん「Jリーグを経由しない欧州挑戦をする新しい文化、道をつくる」…

846: 名無し@サカサカ10 2024/02/26(月) 21:46:51.35 岡崎慎司が挑む、 …

サッカー情報まとめ
FC東京退団のMF青木拓矢、J3岐阜に加入決定「J2昇格のために力になりたい」(…

昨季限りでFC東京退団のMF青木拓矢、新天地は岐阜に決定「J2昇格のために力になりたい」https: …